アクセス
お問い合わせ

理工学部 学術研究支援課

HOME 研究資金・助成金等募集情報 > 塾内助成金募集情報 > 若手研究者育成ものづくり特別事業

研究資金・助成金等募集情報(塾内助成金)

石井・石橋基金
慶應義塾大学若手研究者育成ものづくり特別事業

若手研究者育成ものづくり特別事業について

2015年度に開始した本事業は、理工学部を中心に湘南藤沢キャンパスを含み、ものづくりの将来を担う、資質豊かで指導力ある若手研究者の育成を目的として、海外共同研究のための費用を給付してきました。
2018年度からは、若手研究者の海外共同研究の推進事業に加えて、学際的研究・交流プロジェクトの推進事業塾生の基礎英語力習得プログラムの実施事業を行います。

 

若手研究者の海外共同研究

 海外共同研究のための渡航費および滞在費を補助します。

申請資格

(1) 理工学部に所属する、2018年度末時点において45歳以下の
  専任教員(有期教員を除く)
(2) 総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科に所属する、
  2018年度末時点において45歳以下の専任教員(有期教員を除く)
(3) 大学院理工学研究科後期博士課程に所属する正規学生
(4) 大学院政策・メディア研究科後期博士課程に所属する正規学生
(5) その他、理工学部、総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア
     研究科に所属する、2018年度末時点において45歳以下の教授
     (有期)、准教授(有期)、専任講師(有期)、助教(有期)の
     うち、本事業の事業運営委員会が認めた者 (特任教員を除く)

対象の研究

海外の大学、研究機関、民間企業等との、ものづくりに関する以下の海外共同研究のうち、対象者のキャリア形成、慶應義塾のものづくり研究力の向上と国際的地位向上に資すると判断されるもの
(1) 現在進行中、あるいは将来開始する共同プロジェクトを発展させる
     研究
(2) 共著論文執筆に必要な研究・実験を行い、成果へと結ぶ研究
(3) ものづくりの新分野開拓のための最先端の技術やアイデアの取得   

渡航期間

2018年4月1日から2019年3月10日(日)まで
*期間内であれば複数回の渡航も認めます。

募集人数

10名程度

補助額

1人あたり100万円以内

補助対象経費

海外共同研究の渡航・滞在計画に基づき、以下の費用を給付します。詳細は遂行要領ををご確認ください。
(1) 渡航費(航空運賃、国内交通費、諸経費)
(2) 滞在費(滞在費、現地交通費)
(3) その他(渡航にかかる傷害保険料など)

申請方法

申請書「慶應義塾大学若手研究者育成ものづくり特別事業 海外共同研究
補助申請書(教員用)または(大学院生用)」を理工学部学術研究支援課(塾内助成担当)に提出してください。

申請締切・採否通知

申請締切および採否通知時期は以下のとおりです。
申請締切:2018年5月25日(金)
採否通知(予定):2018年7月上旬
*これまで年度内に複数回の募集を行っていましたが、2018年度の募集は1回の予定です。

留意事項

(1) 他資金による学会や調査等の出張に併せて渡航することも可能です。
  ただし、用務の切り分けができること、他資金の資金元が費用の
  按分を認めている場合に限ります。資金元にルールがある場合は、
  そのルールに従ってください。
(2) 渡航先との調整、航空券や滞在先の手配、査証発給など必要な手続きは
  申請者が適切に行うものとします。

申請書類

若手研究者の海外共同研究申請書
*申請書類の記入は、遂行要領を確認したうえで行ってください。
 若手研究者の海外共同研究申請書(教員用) 
 若手研究者の海外共同研究申請書(大学院生用) 

募集要項・遂行要領

若手研究者育成ものづくり特別事業募集要項
若手研究者育成ものづくり特別事業遂行要領

申請書類提出・ 問い合わせ先

理工学部学術研究支援課(塾内助成担当)
 内線:40117
 E-mail: yg-josei@adst.keio.ac.jp

 

学際的研究・交流プロジェクト

 慶應義塾の国際的レピュテーションを高めることが期待される研究分野を事業運営委員会が指定し、学部・研究科・大学付属研究所等の学際的、分野横断型の新しい研究課題について補助します。

申請資格

(1) 理工学部に所属する専任教員(有期教員を除く)
(2) 総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科に所属する
  専任教員(有期教員を除く)
(3) その他、理工学部、総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア
     研究科に所属する教授(有期)、准教授(有期)、専任講師(有期)
   、助教(有期)のうち、本事業の事業運営委員会が認めた者(特任
  教員を除く)

対象の研究・交流プロジェクト(年度ごとに事業運営委員会が指定)

慶應義塾の国際的レピュテーションを高めることが期待される研究分野のうち事業運営委員会が指定した研究分野で、学部・研究科・大学付属研究所等の学際的、分野横断型の新しい研究・交流プロジェクト
【2018年度公募する研究分野:医工連携分野】

研究期間

2018年4月1日(日)から2019年3月31日(日)まで
*研究期間は2019年3月10日までしますが、経費の使用については2019年2月28日(木)までに請求書が届くものを補助の対象とします。

補助額

1件あたり200万円以内

補助対象経費

研究・交流プロジェクトに必要な経費を補助します。詳細は遂行要領を
ご確認ください。

申請方法

申請書「慶應義塾大学若手研究者育成ものづくり特別事業 学際的研究・交流プロジェクト補助申請書」および必要な添付書類を理工学部学術研究支援課(塾内助成担当)に提出してください。

申請締切・採否通知

申請締切および採否通知時期は以下のとおりです。
  申請締切:2018年5月25日(金)
  採否通知予定:2018年7月上旬

留意事項

(1) 申請資格に年齢要件はありませんが、若手研究者の育成を目的としていることから、研究・交流プロジェクトのメンバーには若手の教員(2018年度末で45歳以下の教員(特任を除く)または研究科・学部に
所属する正規学生を必ず含めるものとします。その場合の教員および学生の所属は以下のとおりとします。
・教員:理工学部、総合政策学部、環境情報学部、政策・メディア研究科
・学生:理工学研究科、理工学部
    政策・メディア研究科、総合政策学部、環境情報学部

(2) 研究・交流プロジェクトのメンバーには、研究科・学部に所属する正規学生の他に、学外者を含めることもできます。

申請書類

学際的研究・交流プロジェクト申請書
*申請書類の記入は、遂行要領を確認したうえで行ってください。

募集要項・遂行要領

若手研究者育成ものづくり特別事業募集要項
若手研究者育成ものづくり特別事業遂行要領

申請書類提出・ 問い合わせ先

理工学部学術研究支援課(塾内助成担当)
 内線:40117
 E-mail: yg-josei@adst.keio.ac.jp

 

塾生の基礎英語力習得プログラム (TOEFLオンライン学習)

 留学等を通じて、国際的視野・経験に富む研究者を育成するため、希望する留学先等の応募条件となる英語力(TOEFL等)の習得を支援する。

申請資格

以下の条件をすべて満たす者。ただし、在学中に受講できるのは1回までとします。
(1) 理工学部、総合政策学部、環境情報学部、大学院理工学部研究科前期博士課程、政策・メディア研究科修士課程に所属する正規学生
(2) 2年以内に留学、海外インターンシップや海外研修等への申請を予定(希望)する者
(3) 希望する留学先等で必要とされるTOEFLまたはIELTSの目標スコアを掲げて、プログラム終了までに目標スコアに達成する意欲のある者

プログラム内容と流れ

(1) TOEFL iBT Complete Practice Test 受験
・TOEFL Online Prep Course 開始時のスコア測定です。
・結果についてコメントメールを送信します。
・TOEFL目標スコア(IELTSの場合は換算スコア)との差を確認した
 うえで、TOEFL Online Prep Course を受講してください。
(2) TOEFL Online Prep Course 受講(80時間のオンライン学習)
・コースの進捗状況を確認して、定期的にコメントメールを送信します。
(3) TOEFL iBT Complete Practice Test 受験
・TOEFL Online Prep Course 終了時のスコア測定です。
・受験期限
  春学期受講:2018年8月31日(金)まで
  秋学期受講:2019年2月28日(木)まで
・結果についてコメントメールを送信します。
(4) TOEFL iBT テストまたはIELTS テストの受験
  (受講終了者のうち目標達成が良好な者のみ対象)
・ TOEFL iBT Complete Practice Test のスコア(IELTSは換算スコア)を確認し、申請書に記された目標スコアへの達成状況が良好な受講者は、 定められた期間内にTOEFL iBTテストまたはIELTS テストを1回受験することとなります。これとは別に自費で受験することもできます。

プログラム期間

春学期受講:2018年5月から8月31日(金)まで
秋学期受講:2018年11月から2019年2月28日(水)まで
*プログラム内容のうち(1)から(3)までをこの期間に終了することとなります。

申請期間・採否通知

申請期間および採否通知時期は以下のとおりです。ただし、募集人数に達した時点で募集を終了することがあります。
 春学期受講
  申請期間:2018年4月3日(火)から4月22日(日)まで
  採否通知予定:2018年5月中旬
 秋学期受講
  申請期間:2018年9月24日(月)から10月14日(日)まで
  採否通知予定:2018年10月下旬から11月上旬

申請方法

オンラインでの申請となります。以下の申請ボタンをクリックしてください。 *春学期開講の申請期限:2018年4月22日(日)まで
申請

留意事項

(1) 授業科目ではありませんので、学部・研究科の「単位」には換算されません。
(2) プログラムは必ず最後までやり遂げてください。正当な理由なく、途中で受講および受験を放棄した場合、プログラム費用は自己負担となります。
(3) プログラム終了後はアンケートに協力していただくほか、留学等の達成状況を報告していただきます。また、プログラム受講・留学等体験記の執筆をお願いすることがあります。
(4) プログラムの運営の一部を株式会社Intraxに業務委託します。申請内容、TOEFL Online Prep Courseの受講状況、TOEFL iBT Complete Practice Testの受験結果、TOEFL iBTテストまたはIELTS テストの受験結果を株式会社Intraxに提供するほか、受講者にはプログラム期間、プログラム終了後に株式会社Intraxから本プログラムに関してメールや電話で連絡することがありますので、あらかじめご了承ください。なお、提供する情報について、株式会社Intraxは本プログラムの運営以外の目的には使用しません。

問い合わせ先

理工学部学術研究支援課(塾内助成担当)
 電話:045-566-1794(内線:40117) 
 E-mail: yg-josei@adst.keio.ac.jp

▲PAGE TOP