アクセス
お問い合わせ

理工学部 学術研究支援課

HOME 研究資金・助成金等募集情報 > 塾内助成金募集情報 > 次世代研究プロジェクト推進プログラム

研究資金・助成金等募集情報(塾内助成金)

次世代研究プロジェクト推進プログラム

タイプC(若手研究者育成型)を新設しました。
・タイプCについて、2020年度の募集を開始しました(タイプA、Bの募集は終了しています)。

【重要】
次世代研究プログラム(タイプCのみ)につきまして、義塾の閉鎖に伴い申請書の提出期限を以下のとおり変更いたします。
 
当初の締め切り日:4月15日(水)23:59
   ↓
 新たな締め切り日:5月11日(月)23:59

申請資格

研究代表者:慶應義塾大学専任教員
*当該年度中に留学・特別研究期間(サバティカル)を予定されている方は、申請できません。
*タイプCについては、202041日現在の年齢が39歳以下の慶應義塾大学専任教員を対象とします。有期であっても今後義塾で継続して研究活動を行うことを前提とした職位の場合は申請可能ですが、押印のある所属長承諾書のアップロードが必要です。以下にある「有期教員によるタイプCへの申請について」に従って申請してください。

申請タイプ

(1)タイプA (旧:ミニCOE型)
研究期間:3年以内
補助上限額:2,000万円(年間)
研究分野:全分野

(2)タイプB (旧:基礎学術研究型)
研究期間:3〜5年
補助上限額:200万円(年間)
研究分野:人文・社会科学系および他分野を融合した領域の研究

  ※今回から「申請タイプ」の名称を変更しました。2019年度までの  

  「ミニCOE型」は「タイプA」、「基礎学術研究型」は「タイプB」と
  なります。継続申請をする場合はご注意ください。

(3)タイプC (若手研究者育成型) *新設
研究期間:2年以内
補助上限額:200万円(年間)
研究分野:全分野

申請期間

・タイプA、B
 201981() 9:00 1011() 23:59

・タイプC
 2020年2月18日(火) 9:00 〜 5月11日(月)23:59  

申請方法(Webによる申請)
 

・申請期間内にkeio.jp ( https://login.keio.jp )にログインして申請してください。紙媒体の提出は、有期教員によるタイプCへの申請時以外不要です。
・keio.jpアプリケーションのメニューから「研究」→「塾内研究助成」を選択すると「塾内研究助成WEBシステム」が開きます。「次世代研究プロジェックト推進プログラム」を選択してください。
※ID・パスワード等、keio.jpに関するご不明な点は、 help@keio.jp または各地区ITC窓口までお問合せください。
・有期教員がタイプCに申請する場合、所属長承諾書のアップロードが必要になります。次項に従って申請してください。

有期教員によるタイプCへの申請について
 

・Webによる申請の際、所属長承諾書をアップロードしていただく必要があります。以下から承諾書様式をダウンロードし、必要事項を記入のうえ申請画面の写しとともに理工学部学術研究支援課・塾内助成担当までお送りください。押印手配し、返送します
 *承諾書様式ダウンロード

※押印手配に時間を要しますので、締切に余裕をもって申請してください。

審査 ・結果通知

 次世代研究プロジェクト推進プログラム委員会において審査し、
 タイプA、Bについては2020年1月上旬、タイプCについては6月上旬を目処に通知する予定です。

(1)タイプA (旧:ミニCOE型)
〈新規〉書類審査に加え、書類審査を通過された方にヒアリング審査を行います。
〈継続〉書類審査の結果、ヒアリング審査が必要と判断された場合は、ヒアリング審査を行います。

(2)タイプB (旧:基礎学術研究型)
書類審査のみとなります。

 *継続申請の場合でも審査は年度ごとに行いますので、必ず申請して
ください。前年度の成果および外部資金の獲得状況も含めて審査します。

    *書類審査の結果は、11月26日(火)頃に通知する予定です。 ヒアリング審査は、12月17日(火)午後に実施します。

(3)タイプC (若手研究者育成型)
書類審査のみとなります。

●募集要項
 

【タイプA、B】次世代研究プロジェクト推進プログラムについて(募集)

【タイプC】次世代研究プロジェクト推進プログラム タイプC(若手研究者育成型)の募集について

問い合わせ先
 

学術研究支援部 (honbu-tanto@adst.keio.ac.jp)

▲PAGE TOP