第25回 慶應義塾大学理工学部 市民講座

          

    poster2016

                

 

当講演会は終了しました。

 たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 当日の様子は近日中にKeio Youtube にて配信予定です。

テーマ
ヒトに近づくロボット技術 ~ロボットの心・体・文化~
演目 ヒューマノイドの身体メカニズム-形状・構造・機能のデザイン-」
理工学部 機械工学科 准教授 森田 寿郎 

「人工知能における今性の問題」
理工学部 情報工学科 教授 今井 倫太

「ロボット前史―人間・機械論をめぐって」
理工学部 外国語・総合教育教室 教授 萩原 眞一
2016年6月4日(土)13:00~16:30(12:30開場)
会場 慶應義塾大学 日吉キャンパス 協生館2階 藤原洋記念ホール
協生館アクセス:http://www.kcc.keio.ac.jp/access/index.html
受講料 無料
定員 300名
概要

慶應義塾大学理工学部では、市民のみなさまを対象とした公開講座「慶應義塾大学理工学部市民講座」を開催しており、今年度で第25回を迎えます。

今回の市民講座は、最近話題の「ロボット工学」に着目し、ヒトに近づくロボット技術が、今後市民生活にどう影響していくかをテーマとします。

第一講では、“ロボットの体をテーマに、「ヒトに似ている」というヒューマノイドの「形状」の制約と、「機能」「構造」「使用目的」を整合させるための試みについて紹介いたします。

第二講では、“ロボットの心をテーマに、知能ロボットの研究事例を通し、人と人工知能システムとのコミュニケーションについて解説いたします。

第三講では、“ロボットの文化をテーマに、「なぜ人間は人間そっくりのロボットに不気味な感情を抱くのか?」という設問を中心に、人間とロボットとの関係を考えます。

今年も多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

申込方法
*申し込み受付は終了いたしました。

申込先 慶應義塾大学 理工学部 学術研究支援課 市民講座係
〒223-8522 横浜市港北区日吉3-14-1
メール: shimin-koza@adst.keio.ac.jp   Fax:045-566-1436
申込期間
4月25日(月)~5月24日(火)必着
会場の都合上、定員になり次第締め切らせていただきます。
問合せ先

Tel:045-566-1794(月~金(9:00-16:30))

慶應義塾大学    慶應義塾大学理工学部    慶應義塾大学日吉キャンパス

主催:慶應義塾大学理工学部

Copyright© Keio University. All rights reserved.